支部長挨拶

鷲澤尚宏

東邦大学医療センター大森病院 栄養治療センター部長

 

 日本臨床栄養代謝学会首都圏支部会は、2007年に当時の日本静脈経腸栄養学会が構築した全国10支部会の一つとして発足いたしました。

 本会の目的は、首都圏における静脈栄養・経腸栄養法を中心とした栄養療法に関する知識の交流をはかり、かつ地域のNSTを支援して首都圏地区の医療・福祉に寄与することです。

 支部会事業としては年一回の学術集会、専門療法士のスキルアップをはじめとした医療機関のNSTの支援を中心として代謝・栄養学に関する新知見の提供を行うことです。

 これまで通りMeT3・NST研究会、神奈川NST研究会との連携を継続しますが、東京都、神奈川県に加え、2020年の末からは山梨県が参加する形で新たなスタートを切りますので、山梨NST研究会との連携も視野に入れ、より厚みのある若手の育成が期待されます。

 スピード感のある情報提供を実現するために、このホームページを最大限に活用したいと考えておりますので、多くの皆様のご意見を集めて活性化していきます。

 歴代会長の精神を受け継ぎ、地域における臨床栄養の社会的貢献を目標にして活動を展開してゆく所存ですので、宜しくお願い致します。